反抗期に参ります


昨日のレッスンは頭にきました~。

中学生前後クラスの生徒達です。中学一年生の生徒が腰が痛いとコルセットをしてレッスンに来ました・・これが2週間前。その生徒は病院に行き、現在休んでます。すると、別の生徒が腰にサポーターをして来ました。土曜日のレッスンの後、腰が痛いというので・・とお母さんから話がありました。でも、土曜日レッスン中に何か変わったことや、難しい事をした訳ではなく、どちらかというと、ゆるいレッスンだったのです。昨日、腰サポーターをしてきた子もレッスンがはじまり、私が「腰が痛いなら、足は上げなくても良い。手の動きだけしていればよい」と言うのですが、友達につられ、足は上げるは、回ったり、果てはジャンプしたりで、何度も私に怒られました。

現在休んでいる生徒も、レッスンが終わると「次は、エトワールやりたい」「グランパクラシックもいいな」とか言いながら、元気に動いてるんですよね。そして、「エスメのバリェーションやりたい」と言うんですよ。

腰が痛いのではなく、レッスン行きたくなとか、何か他の理由があるのではないかと思うんです。

痛かったら、動けないですし。

普通以上に動くのに・・。

そんなわけで、腰にコルセットやサポーターを付ける事がちょっと流行ってしまったクラス。

次回、腰が痛くてコルセット、サポーターの生徒さんは治るまでお休みしてもらいます。

大人でも、しないのになぁ。

私は、痛いなら、治す。コルセットやサポーターにあまり頼らず腹筋や背筋でカバーする事を勧めます。

私も、腰痛ですが、コルセットやサポーターを使用せず、痛いながらも指導はしているのに、昨日はカチンときました。

本当に痛そうな子、いないのに・・なんか、サポーターを「こんなに、やってます」みたいなファッションみたいに思ってるとしか見えない。引き続き、指導します。


39回の閲覧